m3.com トップ>医療維新>レポート|西日本豪雨>岡山、広島、愛媛の県医師会長、行政の財政支援訴える

岡山、広島、愛媛の県医師会長、行政の財政支援訴える

西日本豪雨の状況報告、被災者健康支援連絡協議会

2018年8月29日 水谷悠(m3.com編集部)


日本医師会など22組織41団体で構成する「被災者健康支援連絡協議会」は8月28日に第26回の会議を開催し、7月の西日本豪雨で被害が大きかった岡山、広島、愛媛各県の医師会長や支援に入った医療団体などがこれまでの状況、活動を報告した。3人の県医師会長は行政による速やかな財政面の支援の必要性などを訴え、厚生労働省医政局は9月に各県に赴いて復旧支援に関する説明会を開くことを明らかにした。協議会ではテレビ会議システムを活用した。左上から時計回りに横倉義武日医会長、松山正春岡山県医師会長(左)、村上博愛媛県...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事