m3.com トップ>医療維新>オピニオン|志賀隆の「救...>忙しい外来でCTをオーダー!翌日のレポート確認できますか?【後編】

忙しい外来でCTをオーダー!翌日のレポート確認できますか?【後編】

読影所見共有システムの有無で報酬の加算・減算の検討が必要

2018年8月31日 志賀隆(国際医療福祉大学准教授/同大三田病院救急部長)


前回は、米国の救急医と放射線科医との連携の実際や、全国的に読影所見を共有しようとする姿勢についてご紹介しました。今回は日本においてどういう仕組が必要なのか?現状はどうなっているのか?についてです。基本は電子カルテを使ったアラートシステム日本の放射線科医の数は米国よりも相対的に少なく限られているため、一人当たりの読影件数は、かなり多くなってしまいます(参考1)。読影や治療にて多忙な中、放射線科医がタイムリーな読影をして院内の内線電話やメールで結果をオーダーした主治医に伝えることはかなり難しいでしょ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

志賀隆の「救急医療の現場から」に関する記事(一覧

マッチングの秋、研修先選びは「自分に正直に」 2020/9/20

「漫然と面接していませんか?」戦略的選考で人柄も見極め 2020/8/15

「退職する専攻医はいますか」研修医が見学時に聞くべき点 2020/7/26

「うるせー!」泥酔して暴れる患者、飲み過ぎた理由は「コロナで…」 2020/6/27

COVID-19でイベント中止、リクルートはどうする? 2020/5/31

研修医のギャップととまどいに備える 2020/4/26

3月、病院に来ない研修医、どうする? 2020/3/15

独居の高齢者が救急外来に、その時どうする? 2020/2/29

救急外来から患者さんを帰す時に必要な「かきくけこ」 2020/1/26

医師のタスクスイッチの効率を上げる5つの方法 2019/12/28

先生が誘った飲み会、楽しいの? 2019/11/29

医療者の提案が伝わらない患者さんに出会った時は 2019/10/25

突然、来年の職場がなくなっても 2019/9/29

3人の医師の運命を変えた“熱い夏” 2019/8/30

女性医師がカギ!救急専門医倍増私案 2019/8/2

NPの増加こそ医療界を救う秘策 2019/6/28

職場の雰囲気が悪いことで失う物って? 2019/5/26

優秀な医師ほどバーンアウトする? 2019/3/3

コンサルトのうまいコツ、教えます 2018/12/30

「研修医よ、なぜ忘れる!」と怒ってはダメ 2018/11/10