m3.com トップ>医療維新>オピニオン|志賀隆の「救...>忙しい外来でCTをオーダー!翌日のレポート確認できますか?【後編】

忙しい外来でCTをオーダー!翌日のレポート確認できますか?【後編】

読影所見共有システムの有無で報酬の加算・減算の検討が必要

2018年8月31日 志賀隆(国際医療福祉大学准教授/同大三田病院救急部長)


前回は、米国の救急医と放射線科医との連携の実際や、全国的に読影所見を共有しようとする姿勢についてご紹介しました。今回は日本においてどういう仕組が必要なのか?現状はどうなっているのか?についてです。基本は電子カルテを使ったアラートシステム日本の放射線科医の数は米国よりも相対的に少なく限られているため、一人当たりの読影件数は、かなり多くなってしまいます(参考1)。読影や治療にて多忙な中、放射線科医がタイムリーな読影をして院内の内線電話やメールで結果をオーダーした主治医に伝えることはかなり難しいでしょ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事