m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|2018夏◆...>積極的安楽死「日本では困難」‐高久史麿・JADECOM会長に聞く◆Vol.1

積極的安楽死「日本では困難」‐高久史麿・JADECOM会長に聞く◆Vol.1

まずは全診療科で緩和ケアの保険診療を

2018年9月3日 聞き手・まとめ:大西裕康(m3.com編集部)


誰もが必ず迎える死の直前、医療はどうあるべきなのか。厚生労働省は今年3月、いわゆる終末期医療のガイドライン改訂版として「人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するガイドライン(GL)」を公表。死が間近に迫る時の医療やケアについて、あらかじめ話し合っておくプロセス「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」の概念を新たに盛り込み、普及促進を図っている。GLの改訂に向けては、ACPを普及する必要性を指摘した日本医師会「第XV次生命倫理懇談会」の答申文書(詳しくは日医ホームページ)が大きな...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事