m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|2018夏◆...>“医療代理人”の明確化も検討を‐高久史麿・JADECOM会長に聞く◆Vol.2

“医療代理人”の明確化も検討を‐高久史麿・JADECOM会長に聞く◆Vol.2

自身のACPは「これから」

2018年9月19日 聞き手・まとめ:大西裕康(m3.com編集部)


Vol.1『積極的安楽死「日本では困難」』はコチラ高久氏――終末期医療についての提言などをまとめた日医・懇談会の答申では、高齢者人口がさらに増え、年間死亡者数も増えていく今後の備えとして、本人の意思決定能力が低下した場合に支える方策が必要と指摘しています。また厚労省GLでは、「本人の意思の確認ができない場合」として「本人に代わる者」をあらかじめ決めておくことを推奨しています。具体的には、どのような対策が必要でしょうか。“医療代理人”などの呼称で議論されることもありますが、患者本人の意思決定能力が...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事