m3.com トップ>医療維新>レポート|医師の働き方...>後期研修医「自己研鑽の機会奪わないで」

後期研修医「自己研鑽の機会奪わないで」

医師の働き方改革検討会、宿日直も議論

2018年9月7日 水谷悠(m3.com編集部)


9月3日に開催された厚生労働省の「医師の働き方改革に関する検討会」では、応召義務などのほか、長時間勤務の問題で大きなテーマとなっている宿日直や自己研鑽についても議題となった(応召義務の記事は、『応召義務は「開業医が往診する時代」の義務』を参照)。厚労省は、時間外の勤務は細切れなことや、宿日直中の勤務時間も医療機関によってばらつきが大きいことを示す資料を提示。自己研鑽では、労働法制上の取り扱いや医療水準の維持などの論点を示した(資料は、厚労省のホームページ)。医師・看護師などの宿日直に関する通知1...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

医師の働き方改革とキャリアに関する記事(一覧

「年1860時間」はギリギリの妥協点-山本修一・千葉大病院長に聞く◆Vo.1 2019/4/21

働き方改革「皆が対等に協議する場が重要」、日医・今村副会長 2019/4/4

医師の働き方報告書取りまとめ、「改革」スタートへ 2019/3/28

医師の働き方改革案「やむを得ない」、四病協 2019/3/28

医師の時間外「1860時間」に反対、厚労省に要望書提出 2019/3/22

自民党PT、時間外労働上限「慎重に設定すべき」 2019/3/20

日本外科学会、「大学病院で特定行為のパッケージ研修を」 2019/3/19

医師の働き方改革、報告書取りまとめへ大詰め 2019/3/15

医師の働き方改革報告書案、「上限1860時間」 2019/3/13

産科医らが署名活動「長時間労働規制を」 2019/3/11

時間外「1920時間以上」、産婦人科医の4人に1人 2019/3/8

医療機器の特別償却、医師1人の診療所は対象か? 2019/3/6

日病会長、働き方改革「想像を絶する努力しないと」 2019/2/26

副座長、辞める覚悟で会議に臨んだ-渋谷健司・厚労省「医師の働き方改革に関する検討会」副座長 2019/2/22

「働き方改革」への姿勢で激論、厚労省検討会 2019/2/21

時間外上限「年1860時間」で再提案 2019/2/21

全自病会長「医師の働き方改革と不足・偏在対策を並行して」 2019/2/15

医師の健康確保措置、実施しなければ「暫定特例解除」も 2019/2/7

産婦人科医の不安、疑問続出「5年でゼロにできるのか」 2019/1/28

日病協議長、時間外「上限ありきでいいのか」 2019/1/25