m3.com トップ>医療維新>レポート|産科医療補償...>産科医療補償制度の「要約版」、なぜ公表停止?

産科医療補償制度の「要約版」、なぜ公表停止?

日本産婦人科協会シンポ、「重度脳性麻痺訴訟の提訴は急増」

2018年9月9日 橋本佳子(m3.com編集長)


一般社団法人日本産婦人科協会のシンポジウムが9月8日、「日常診療に必要な法的対策を考える」をテーマに開催された。弁護士の井上清成氏は、産科医療補償制度をめぐる最近のトピックスとして、日本医療機能評価機構が原因分析報告書の「要約版」のホームページ上での公表を8月1日から停止したことを紹介した(同機構のホームページを参照)。公表停止自体は一定の評価をする一方、井上氏は2009年1月の制度開始から10年目に入った同制度の後半期は、前半期に比べて「重度脳性麻痺訴訟の提訴は急増している」と警鐘を鳴らした。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事