m3.com トップ>医療維新>オピニオン|Dr.木川の...>救急クリニックから見るマスメディアの医療報道

救急クリニックから見るマスメディアの医療報道

「安易な批判は自分たちの首を絞めかねないことをお忘れなく」

2018年9月16日 木川英(川越救急クリニック副院長)


毎回、コメントありがとうございます。いつも勉強になることがたくさんあり、目から鱗です。前回の『実感とは異なる「地域間医療格差がない日本」』に対していただいたご意見を簡単に振り返ります。『報酬が多ければ、当直問題の解決になる』若手の医師が常勤先で当直せずに外部では当直をしており、報酬の差が主な理由である。通常勤務に加えて当直という名の夜間診療で連続1日半以上の労働を余儀なくされていることが問題。もう平成も終わるのにこんなことをしていたらますます担い手がいなくなる。確かに、常勤医の当直料が安くて、ア...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事