m3.com トップ>医療維新>オピニオン|NCDで医療...>JCVSDからNCDへ - 医療の質向上に向けた20年の取り組み

JCVSDからNCDへ - 医療の質向上に向けた20年の取り組み

心臓外科分野、日本初のリスク分析含むデータベース目指す

2018年10月7日 NCD事務局


2011年にスタートした、日本における外科手術の治療症例をデータベース化していくという取り組みは、現在、15の参加学会を抱えるNCD(NationalClinicalDatabase)として着実に実りを迎えつつある。NCDデータベース構造のモデルとされたのが、NCD発足の10年ほど前にスタートした日本心臓血管外科学会のJCVSD(日本心臓血管外科手術データベース機構)だ。JCVSD設立とNCDへと発展を遂げるまでの経緯を3人のキーパーソンに語っていただいた。(本文中、敬称略)プロフィール高本眞一...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事