m3.com トップ>医療維新>レポート|m3.com...>医療者、7割がサマータイムに「反対」

医療者、7割がサマータイムに「反対」

「サマータイム導入は医療界の敗北」

2018年9月30日 高橋直純(m3.com編集部)


2020年東京オリンピック・パラリンピックを前に、日本でもサマータイムを導入すべきという議論が巻き起こった。本調査ではm3.com会員の7割が反対していることが明らかになった。自民党は9月27日、2020年のサマータイム導入を見送る方針を明らかにしたが、旗振り役の自民党、遠藤利明・東京五輪実施本部長は「2020年のためではない。低炭素社会をつくる一つのきっかけとして進めていきたい」として、引き続き議論をする考えを示している。Q現状でご自身の「睡眠時間」は足りている?日本睡眠学会は2012年に「サ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

m3.com意識調査に関する記事(一覧

医師の勤務環境「変わらない」54% 2019/4/15

退職医師の再就職「週2~3日など、緩やかな勤務」なら 2019/4/14

研究医を増やすには?「医局で良いバイト斡旋を」「臨床と行き来しやすく」 2019/4/7

臨床研修中の英語論文、医師の4割が「反対」 2019/4/7

医師6割、時間外上限1860時間は「長い」 2019/3/12

緊急避妊薬「OTC化で性感染症増える」「スピードがメリット」 2019/3/10

医師の7割、児童・生徒への投球制限に賛成 2019/2/3

時間外上限「2000時間」、医師の半数が「長すぎる」 2019/1/27

「月に何度も36時間連続勤務」「厳しい規制必要」 2018/12/30

勤務医の2割強、連続勤務制限も休息取得も「不可能」 2018/12/29

インフル「処方しないのは医の倫理反する」「大半は不要」 2018/12/24

医師がインフル罹患「近医で受診」「診断もしない」 2018/12/23

風邪の患者に8割の医師がインフル迅速診断キット 2018/12/22

ACP愛称「人生会議」、普及に懐疑的 2018/12/16

医学部入試の同窓子弟枠、賛否が拮抗 2018/11/30

電子カルテ規格統一化に「賛成」、開業医の36.3%、勤務医の52.7% 2018/11/24

医師として「3浪以上は不利」「差はない」3割拮抗 2018/11/10

臓器別講座の弊害「専門外を診られない」「一臓器で臨床は成立せず」 2018/11/10

ナンバー制講座の弊害「無理な競争意識」「理由もなく仲が悪い」 2018/11/5

臓器別講座の弊害、年齢上がるごとに実感 2018/11/4