m3.com トップ>医療維新>インタビュー|著者インタビ...>「患者から覚せい剤成分検出で通報」良い医師か?―松本俊彦・国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長に聞く◆Vol.1

「患者から覚せい剤成分検出で通報」良い医師か?―松本俊彦・国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長に聞く◆Vol.1

「アルコールや薬物の問題はプライマリでコモン」

2018年10月7日 長倉克枝(m3.com編集部)


「薬物依存症には一般の人も医師の間にも誤解があり、そのために患者の治療につながっていない」――。長年薬物依存症の治療に取り組んできた国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長の松本俊彦氏は、こう話す。日本の薬物乱用は欧米の比較にならないほど少なく、一般の人だけでなく医師でも薬物依存症患者を知るケースは少なく、薬物依存症の実態はあまり知られていない。一方、「1回でも薬物を使うと依存症になり、人生がおしまいになる」という誤解が広がっている。だが、薬物依存症の治療プログラムが広がり...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

著者インタビューに関する記事(一覧

「孤立」にできる処方は何か-西智弘・緩和ケア内科医に聞く◆Vol.1 2020/10/28

医師は患者が不確実性に耐える時に伴走する存在-大塚篤司・京大皮膚科特定准教授に聞く◆Vol... 2020/10/27

東京の「7密」、新型コロナで露呈-邉見公雄・全自病名誉会長に聞く◆Vol.1 2020/10/25

日本のコロナ対策「バランスの悪さが目立つ」-医師・医療経済ジャーナリストの森田洋之氏に聞く... 2020/10/24

患者の不安と心配を解消して初めて本音が聞き出せる-大塚篤司・京大皮膚科特定准教授に聞く◆V... 2020/10/23

政治は検証性が第一、記録破棄は焚書坑儒-海堂尊氏・インタビュー◆Vol.3 2020/10/18

政権・行政批判は納税者の当然の権利-海堂尊氏・インタビュー◆Vol.2 2020/10/9

『コロナ黙示録』、緊急事態宣言発出時に構想浮上-海堂尊氏・インタビュー◆Vol.1 2020/10/3

医師は「絶対」を背負う立場か、「健康は現代の神」-大脇幸志郎氏に聞く◆Vol.2 2020/7/25

東大医学部卒業後、フリーターになった36歳医師の初の著書-大脇幸志郎氏に聞く◆Vol.1 2020/6/30

「ブラック・ジャック」マニア医師の指摘は外せない-作家・瀬名秀明氏に聞く◆Vol.2 2020/1/18

AIとブラック・ジャックの対決「細部のアイデアは天野先生から」-作家・瀬名秀明氏に聞く◆V... 2020/1/10

「医師」ではなく「医者」になって-大橋洋平・海南病院緩和ケア病棟非常勤医師に聞く◆Vol.... 2019/12/31

緩和ケア医が、希少がんになって-大橋洋平・海南病院緩和ケア病棟非常勤医師に聞く◆Vol.1 2019/12/28

医療の限界「正直に説明して」-渡辺英克・みずほ証券エクイティ調査部長に聞く◆Vol.3 2019/12/21

今後の社会保障は「何を諦めるか」-渡辺英克・みずほ証券エクイティ調査部長に聞く◆Vol.2 2019/12/17

13回の入院、11回の手術を経験したアナリストが見る医療-渡辺英克・みずほ証券エクイティ調... 2019/12/7

貧困に苦しむアジアの人々「他人事ではない」-田畑彩生・JAM事務局長に聞く◆Vol.2 2019/11/14

RWD研究は「交絡との戦い」、限界に留意-康永秀生・東大臨床疫学・経済学教授に聞く◆Vol... 2019/11/12

異臭立ちこめハエたかる病室で感じた「国境格差」-田畑彩生・JAM事務局長に聞く◆Vol.1 2019/11/6