m3.com トップ>医療維新>インタビュー|著者インタビ...>依存症は最も精神科らしく面白い―松本俊彦・国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長に聞く◆Vol.3

依存症は最も精神科らしく面白い―松本俊彦・国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長に聞く◆Vol.3

じゃんけんで負けて薬物依存症治療の道へ

2018年11月3日 長倉克枝(m3.com編集部)


――薬物依存症専門の道を先生が歩まれたのはなぜでしょうか。本当は嫌々だったんですけれど、じゃんけんで負けたから、というのが正直なところです。――じゃんけん?はい。大学を出たあとに横浜市立大学で研修をして、2年間の研修を終えて横浜市立大学の精神医学教室に入りました。統合失調症の精神病理、児童青年精神医学、精神療法に関心がありましたが、まずはジェネラルな精神科医になる必要があると思い、医局人事に従って最初は総合病院の精神科で働き、次に神奈川県立精神医療センターに配属されました。当時、神奈川県立精神医...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

著者インタビューに関する記事(一覧

「アルツハイマー病」征服の日は近いか-ノンフィクション作家・下山進氏に聞く 2021/1/15

ダヴィンチの遠隔活用、まずは指導から-井坂惠一・東京国際大堀病院ロボット手術センター長に聞... 2021/1/11

婦人科初のライセンス取得、意外と患者に受け入れられた-井坂惠一・東京国際大堀病院ロボット手... 2020/12/31

臨床実習で教授に直談判、『医師』にとらわれる必要はない-横浜市大、東京医歯大教授の武部貴則... 2020/12/31

横浜市大に作った世界唯一の「ストリート・メディカル」の拠点-横浜市大、東京医歯大教授の武部... 2020/12/29

ロボット手術は患者にも術者にも「やさしい」-井坂惠一・東京国際大堀病院ロボット手術センター... 2020/12/27

学園祭で一番人気の医師芸人、SNSで医療を発信する意義-医師、芸人のしゅんしゅんクリニック... 2020/12/26

初期研修に行かずに基礎研究の助手に、24歳で「ミニ肝臓」を作成-横浜市大、東京医歯大教授の... 2020/12/20

後期研修ではなく「お笑い養成所」へ、医師芸人の下積み時代-医師、芸人のしゅんしゅんクリニッ... 2020/12/19

コロナ専門病院「私たちの経験活かしてほしい」-大阪市立十三市民病院院長・西口幸雄氏に聞く 2020/12/9

医師が淘汰される時代、求められる役割は-奥真也・埼玉医科大客員教授に聞く◆Vol.3 2020/11/28

医師の権限も責任も過大…AI医師法が必要-奥真也・埼玉医科大客員教授に聞く◆Vol.2 2020/11/23

「転校生」が伝える医療界の「びっくり」-医師で作家・南杏子氏に聞く◆Vol.3 2020/11/22

女性医師の抱える「もやもや」を言葉にする-医師で作家・南杏子氏に聞く◆Vol.2 2020/11/15

「2030年、感染症の脅威から解放」未来年表を上梓-奥真也・埼玉医科大客員教授に聞く◆Vo... 2020/11/14

主婦・編集者を経て医師になり見えたもの-医師で作家・南杏子氏に聞く◆Vol.1 2020/11/12

使命感だけで飛び出すのは「止めた方が良い」-西智弘・緩和ケア内科医に聞く◆Vol.3 2020/11/8

B.C.(BeforeCorona)からA.C.(AfterCorona)へ-邉見公雄・全... 2020/11/7

無借金でクリニック開業、診療報酬月50万円でも大丈夫-医師・医療経済ジャーナリストの森田洋... 2020/11/5

「医療者は環境の力を軽く見ているのでは」-西智弘・緩和ケア内科医に聞く◆Vol.2 2020/11/2