m3.com トップ>医療維新>インタビュー|著者インタビ...>依存症は最も精神科らしく面白い―松本俊彦・国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長に聞く◆Vol.3

依存症は最も精神科らしく面白い―松本俊彦・国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長に聞く◆Vol.3

じゃんけんで負けて薬物依存症治療の道へ

2018年11月3日 長倉克枝(m3.com編集部)


――薬物依存症専門の道を先生が歩まれたのはなぜでしょうか。本当は嫌々だったんですけれど、じゃんけんで負けたから、というのが正直なところです。――じゃんけん?はい。大学を出たあとに横浜市立大学で研修をして、2年間の研修を終えて横浜市立大学の精神医学教室に入りました。統合失調症の精神病理、児童青年精神医学、精神療法に関心がありましたが、まずはジェネラルな精神科医になる必要があると思い、医局人事に従って最初は総合病院の精神科で働き、次に神奈川県立精神医療センターに配属されました。当時、神奈川県立精神医...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

著者インタビューに関する記事(一覧

リアルワールドデータの「超入門書」上梓の訳-康永秀生・東大臨床疫学・経済学教授に聞く◆Vo... 2019/10/20

「40歳の自分に向けて書いた」リーダーシップ入門書-相馬孝博・千葉大医療安全管理部長に聞く... 2019/10/16

日本の社会保障「理念がない」-広井良典・京都大学こころの未来研究センター教授に聞く◆Vol... 2019/10/15

令和最大のテーマ「人口減少社会のデザイン」に取り組む-広井良典・京都大学こころの未来研究セ... 2019/10/7

目指すのは「医学モデル」からの脱却-佐々木淳・医療法人悠翔会理事長に聞く◆Vol.4 2019/1/27

「健康に良い食事」も医師の働き方改革-津川友介・UCLA助教授に聞く◆Vol.3 2019/1/20

若手、外科系医師が在宅医療に関心-佐々木淳・医療法人悠翔会理事長に聞く◆Vol.3 2019/1/20

日常診療で使える「究極の食事」-津川友介・UCLA助教授に聞く◆Vol.2 2019/1/13

「患者を不幸にしていた反省」から在宅へ-佐々木淳・医療法人悠翔会理事長に聞く◆Vol.2 2019/1/12

「今のままではやばい!」、気付きが学びの原点-佐々木淳・医療法人悠翔会理事長に聞く◆Vol... 2019/1/5

医学生は勉強よりも「部活」「バイト」を-寺澤秀一・福井大学名誉教授に聞く◆Vol.4 2019/1/5

「究極の食事」は最低限の“地動説”-津川友介・UCLA助教授に聞く◆Vol.1 2019/1/4

救急と総合診療の合体「現場ニーズに合った良い医者が育つ」-寺澤秀一・福井大学名誉教授に聞く... 2018/12/30

「なぜ日本では一つのみか」と疑問の声-蓮田太二・慈恵病院院長に聞く◆Vol.2 2018/12/28

医師需給で「今」の議論はできない-桐野高明・佐賀県医療センター好生館理事長に聞く◆Vol.... 2018/12/24

北米型救急が根付くまで「ぎらぎらしなくなったら…」-寺澤秀一・福井大学名誉教授に聞く◆Vo... 2018/12/23

「赤ちゃんポスト」と呼ばないで!-蓮田太二・慈恵病院院長に聞く◆Vol.1 2018/12/22

学生時代の「偽医者」経験がきっかけで沖縄へ-寺澤秀一・福井大学名誉教授に聞く◆Vol.1 2018/12/16

医師需給問題「本邦初」のテキスト-桐野高明・佐賀県医療センター好生館理事長に聞く◆Vol.... 2018/12/15

「物語を通して細胞の働きを紹介する漫画らしい」と気付いた-『はたらく細胞』漫画家・清水茜氏... 2018/12/9