m3.com トップ>医療維新>レポート|ノーベル医学...>ノーベル賞受賞の本庶氏「今世紀中にがんは脅威でなくなる」

ノーベル賞受賞の本庶氏「今世紀中にがんは脅威でなくなる」

京大で会見、「受賞よりもうれしいのは、患者の感謝の一言」

2018年10月2日 大西裕康(m3.com編集部)


本庶氏2018年のノーベル医学生理学賞に決まった京都大学高等研究院特別教授の本庶佑氏(同大名誉教授、神戸医療産業都市推進機構理事長)は10月1日、スウェーデン・カロリンスカ研究所が同賞の受賞者を発表した約50分後の午後7時20分頃から京大で記者会見し、受賞の喜びや今後継続する研究などについて語った。がんに対する免疫応答に重要な役割を果たしているPD-1受容体を発見し、ノーベル賞受賞につながった自身の研究成果については、「感染症におけるペニシリン」と表現。その上で、「感染症が、ほぼ大きな脅威でなく...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事