m3.com トップ>医療維新>レポート|ノーベル医学...>横倉日医会長、本庶氏ノーベル賞受賞「大変喜ばしい」

横倉日医会長、本庶氏ノーベル賞受賞「大変喜ばしい」

医の最高優功賞の受賞も決定、11月に特別講演

2018年10月2日 岩崎雅子(m3.com編集部)


日本医師会会長の横倉義武氏は10月2日、本庶佑氏(京都大学名誉教授)のノーベル医学生理学賞受賞を受け、「誇らしく、大変喜ばしいことであり、先生のご尽力とその成果を改めて大いに称えたい」とする喜びのコメントを発表した。本庶氏は日医の今年の最高優功賞を受賞することが決定している。11月1日に開催予定の「日本医師会設立71周年記念式典並びに医学大会」で特別講演する予定。横倉氏は、本庶氏が取り組んだPD1/PD-L1分子の研究を基にオプジーボ(ニボルマブ)が開発されたことを、「まさに、基礎医学における地...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事