m3.com トップ>医療維新>レポート|ノーベル医学...>ノーベル賞・本庶氏「さまざまなタイミングがマッチした」

ノーベル賞・本庶氏「さまざまなタイミングがマッチした」

若い研究者が「人生をかけて良かったと思える国に」

2018年10月2日 大西裕康(m3.com編集部)


京都大学高等研究院特別教授の本庶佑氏(同大名誉教授、神戸医療産業都市推進機構理事長)は10月2日午前、2018年のノーベル医学生理学賞の受賞決定を受け、改めて記者会見した。一夜明け「落ち着いて色々考えた」感想として、「私は本当に幸運な人生を歩んで来たと言わざるを得ない」と述懐し、さまざまな幸運があり、さまざまなタイミングもマッチしたと振り返った。京大医学部を1966年に卒業後は大学院進学、米国への留学と、研究を続けた時期が日本の高度経済成長期と重なっており、国内の研究資金が徐々に増えていったこと...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事