m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|私の医歴書◆...>手術台での患者死亡も経験、死亡診断書を書く日々◆Vol.9

手術台での患者死亡も経験、死亡診断書を書く日々◆Vol.9

2018年11月9日 橋本佳子(m3.com編集長)


── 榊原外科に入局後10年は、「奴隷」のような生活だったと言うが、いったいどんな日々だったのか。入局した当時、既に開心術は日常的に行われていた。全国の病院の中でも、女子医大の症例数は最多で、成績も優れていた。とはいえ、手術成績は今と比較すれば悲惨だった。当時は人工心肺だけでなく、麻酔も不完全なところが多かった。電気メスもなかったため、出血もひどかった。患者さんが手術台の上で、お亡くなりになってしまうこともあり、1週間に6、7例の開心手術をして、1例もICUに戻ることができなかったこと...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事