m3.com トップ>医療維新>地域情報(県別)>ニューイヤー駅伝で、ホームページへアクセス殺到-ひらまつ病院・平松克輝理事長に聞く ◆Vol.2

ニューイヤー駅伝で、ホームページへアクセス殺到-ひらまつ病院・平松克輝理事長に聞く ◆Vol.2

2018年10月23日 m3.com地域版


佐賀県小城市にある医療法人ひらまつ病院では、軟式野球、陸上、バスケットボール、ソフトボールなど、様々なスポーツ活動に積極的に取り組んでいる。今回は、スポーツ活動の成果、当院の地域での役割、当院のポリシーや目標、スポーツ部以外の地域貢献活動、地域ケアボランティア養成講座などについて伺った。(2018年9月25日インタビュー、計2回連載の2回目)[連載第1回はこちら]――スポーツ活動の成果をどう感じていますか。当院に来てくれる患者さんが増えていると感じていますし、「次の試合はいつあるの?」と患者さん...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

補助金をICT構築に利用し、少ない医療資源を有効活用-東埼玉総合病院地域糖尿病センター長の... 2019/7/23

方言は医療現場に“問題化しない問題”を引き起こしていた‐方言の専門家・岩城裕之氏に聞く◆V... 2019/7/23

患者の日常を全面的に支援する多職種緩和ケアチーム―愛知県がんセンター緩和ケア部部長・下山理... 2019/7/23

ふじのくにバーチャルメディカルカレッジの取組とは―ふじのくに地域医療支援センター事務局・秋... 2019/7/23

最先端技術を求めて医師が集まり、そして患者が集まる―伊勢崎市民病院病院長・小林幹男氏に聞く... 2019/7/23

茨城県が再編統合実現で直面した“特有の課題”とは?―茨城県保健福祉部医療政策課副参事の鹿志... 2019/7/23

泥臭く動くことを繰り返し、信頼関係を築く。ICT化も視野に‐肥前精神医療センター地域医療連... 2019/7/23

京都市からの委託で認知症の早期発見と早期治療に取り組む-西京区認知症地域ケア協議会世話人の... 2019/7/23

支援をうまく受け止める「受援」がキーワードー菅野武氏(元・南三陸町公立志津川病院内科医長)... 2019/7/23

画像診断機器を無料開放。金儲け主義の病院とは手を組まない-医療法人弘仁会板倉病院院長の梶原... 2019/7/23

時代の変化に対応できる精神科医としてのスキルの重要性―長崎市の西脇病院院長・西脇健三郎氏に... 2019/7/23

「居続けないと地域医療はできない」‐医師で作家の大鐘稔彦氏に聞く◆Vol.1 2019/7/23

全国市町村3位の面積、無医地域も抱える日光市の基幹病院としての取り組み―獨協医科大学日光医... 2019/7/23

外国人にとって“痛みは悪”。鎮痛薬投与も頻繁にならざるを得ない―倶知安厚生病院整形外科主任... 2019/7/23

知られざる東京の「医療過疎地」、奥多摩でライフワークの地域医療に取り組む―奥多摩病院院長の... 2019/7/23

2012年、いくつかの疾患を抱えている高齢の入院患者の増加にともない、何科であれ診る総合診... 2019/7/23

「あいの流パーキンソンダンス」で、はつらつ長寿を目指す―藍野病院(大阪府茨木市)院長の杉野... 2019/7/23

マスコミに振り回されないよう患者教育を―戸田中央総合病院嗜好品外来・椎名一紀氏に聞く◆Vo... 2019/7/23

胎児の心臓動画を遠隔診断、今後はクラウドの利用も視野に―近畿大学病院小児科講師・稲村昇氏に... 2019/7/23

看護士の残業時間、1日平均5時間から1~2時間に短縮―熊本セントラル病院事務部次長の田上説... 2019/7/23