m3.com トップ>医療維新>レポート|ノーベル医学...>山中氏「本庶先生のノーベル賞受賞、私とは意味が違う」

山中氏「本庶先生のノーベル賞受賞、私とは意味が違う」

iPS細胞臨床応用を低コストで「iPS細胞ストックは私たちの社会的使命」

2018年10月12日 長倉克枝(m3.com編集部)


京都大学iPS細胞研究所(CiRA)所長・教授の山中伸弥氏は10月11日、横浜市で開催されたバイオ技術の展示会「バイオジャパン2018」で「iPS細胞研究の現状と医療応用に向けた取り組み」と題して講演し、今年のノーベル医学生理学賞受賞が決まった京都大学名誉教授の本庶佑氏について「私も6年前に同じ賞をいただいたが、本庶先生は既に何万人もの患者を救っている治療に対しての受賞。私は将来役に立つかもしれないこれからの技術で受賞したので、意味も重さも違う」と述べた。講演の冒頭で本庶氏に言及する山中氏山中氏...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事