m3.com トップ>医療維新>オピニオン|Dr.木川の...>未曾有の災害時の医療について考える

未曾有の災害時の医療について考える

「被災地支援」でしゃばりすぎの懸念も

2018年10月21日 木川英(川越救急クリニック副院長)


災害級の酷暑が終わったと思ったら、台風21号、北海道胆振東部地震と自然災害が立て続けに起きてしまい、「想定外」の今年はどうなってしまうのでしょうか…。被災された方々には、謹んでお見舞い申し上げます。一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。23年前の阪神淡路大震災は、死者6434人、負傷者4万3792人に上りました。犠牲者のうち8割が圧死であった中、災害現場における医療についても、課題が浮き彫りとなりました。多くの傷病者が発生し医療の需要が拡大する一方、病院も被災し、ライフラインの途絶、医療従事...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事