m3.com トップ>医療維新>レポート|臨床研修マッ...>6都府県の研修医割合、下げ止まり、2018年度マッチング最終

6都府県の研修医割合、下げ止まり、2018年度マッチング最終

大学病院は9年連続減で40.7%、過去最低更新

2018年10月18日 水谷悠(m3.com編集部)


2019年4月からの初期臨床研修先を決める2018年度医師臨床研修マッチングの最終結果が10月18日に発表され、大都市部の6都府県(東京、神奈川、愛知、京都、大阪、福岡)の内定者数は3821人(2017年度3712人)で割合は41.5%となり、前年度から0.4ポイント増で、全体に占める比率が10年ぶりに増加した。大学病院の内定者数の割合は40.7%で、2017年度の41.4%から減少。9年連続減となり、過去最低を更新した。大都市部以外の道県の内定者数は5381人(2017年度5311人)で、割合...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

臨床研修マッチングに関する記事(一覧

マッチ率100%は11大学、大学人気低下傾向続く 2018/10/19

6都府県の研修医割合、下げ止まり、2018年度マッチング最終 2018/10/18

初期研修医も入職1週間でER当直-さいたま赤十字病院 2018/10/17

マッチング中間で大躍進の獨協医大、「ぶっとびHP」奏功 2018/10/13

医師臨床研修マッチング結果2018 2018/9/28

1位虎の門、2位聖路加、3位関東労災2018マッチング中間 2018/9/23

東大5年ぶり1位、東京医科歯科大が2位、2018マッチング中間 2018/9/21

マッチ率100%は10大学、大学人気下げ止まらず 2017/10/21

大都市圏の研修医割合、9年連続減―2017年度マッチング最終結果 2017/10/19

医師臨床研修マッチング結果まとめ2017 2017/9/27

1位聖路加、2位武蔵野日赤、3位亀田、2017年度中間マッチング 2017/9/23

医科歯科、東大の2強変わらず、杏林大が3位に、2017マッチング中間 2017/9/22

15大学がマッチ率100%、人気の二極化進む 2016/10/22

大都市圏以外に過去最多の研修医、2016年度マッチング最終結果 2016/10/20

「全ての面で市中病院が圧倒」、マッチングの動向 2016/10/17

1位聖路加、2位虎の門、3位横浜市立市民、2016年度中間マッチング 2016/9/26

医科歯科、東大、京大の「三強」不変、2016年度中間マッチング 2016/9/23

マッチ率100%は8大学、群馬大は研修医半減(2015年11月2日訂正) 2015/10/23

「大学で研修」下げ止まらず、2015年度マッチング最終結果 2015/10/23

東京医療センターがトップ、2015年度中間マッチング(2015/10/5訂正) 2015/9/29