m3.com トップ>医療維新>レポート|m3.com...>不要不急の患者、一番困るのは「夜間」

不要不急の患者、一番困るのは「夜間」

受診時定額負担に9割近くが賛成、「小中高で患者教育して」

2018年10月21日 岩崎雅子(m3.com編集部)


厚生労働省が医師の働き方改革関連で、「上手な医療のかかり方を広めるための懇談会」を発足した【『医療のかかり方を広める懇談会、デーモン閣下も参加』を参照】。第1回の会議では不要不急の受診が医師を疲弊させているとし、不要不急の受診を減らすための情報発信が話題に。本調査では、m3.com会員の66.6%が、不要不急の患者に最も困る時間帯を「夜間」と回答したほか、適正化策としての「受診時定額負担」導入に89.2%が賛成していることが明らかになった。Q不要不急の患者に最も困る時間帯は不要不急の患者に最も困...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。