m3.com トップ>医療維新>レポート|m3.com...>不要不急の患者、一番困るのは「夜間」

不要不急の患者、一番困るのは「夜間」

受診時定額負担に9割近くが賛成、「小中高で患者教育して」

2018年10月21日 岩崎雅子(m3.com編集部)


厚生労働省が医師の働き方改革関連で、「上手な医療のかかり方を広めるための懇談会」を発足した【『医療のかかり方を広める懇談会、デーモン閣下も参加』を参照】。第1回の会議では不要不急の受診が医師を疲弊させているとし、不要不急の受診を減らすための情報発信が話題に。本調査では、m3.com会員の66.6%が、不要不急の患者に最も困る時間帯を「夜間」と回答したほか、適正化策としての「受診時定額負担」導入に89.2%が賛成していることが明らかになった。Q不要不急の患者に最も困る時間帯は不要不急の患者に最も困...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

m3.com意識調査に関する記事(一覧

研修医「一般的疾患の症例減」「ファーストタッチ禁止」◆vol.2 2020/10/21

医師の4割「研修医教育に支障」新型コロナで◆vol.1 2020/10/20

日本学術会議の任命見送り、医師の賛否分かれる 2020/10/17

初期研修先「大学病院勧める」は医師30.9%にとどまる 2020/10/13

自殺報道、医師の約7割が「配慮されていない」 2020/10/10

医師の51%「21年五輪は延期・中止を」、39%「開催可能」 2020/10/6

HPVワクチン、医師の約6割が9価ワクチンも定期接種に追加すべきと回答 2020/10/4

オンライン初診の恒久化の是非、医師の意見は拮抗 2020/9/29

新しい菅政権、医師の半数以上が「期待」 2020/9/28

「発熱者はかかりつけ医に電話」医師の54.2%賛成 2020/9/23

医師の44.8%、インフルワクチンの希望者殺到と予想 2020/9/14

「地域枠」、2022年度からの従事要件に「適切だ」54.0% 2020/9/14

医師の7割弱「2類相当措置の見直し必要」 2020/9/8

医師の半数超「8月は外出、会食を控えている」 2020/9/2

安倍政権、評価は二分、開業医60%不支持・勤務医55%支持 2020/9/1

医師の11.3%「第1波より差別・風評被害増えた」 2020/8/22

患者とのSNSで「友達」、開業医の1割強 2020/8/22

アフターピルの薬局販売、医師の4割が「早く始めるべき」 2020/8/15

医師の3割、難病患者等から「死に関する発言あった」 2020/8/10

医療機関の水害対策「必要だがしていない」が2割 2020/8/1