m3.com トップ>医療維新>レポート|ノーベル医学...>本庶氏、神戸での研究「展望ある内容を企業タイアップで」

本庶氏、神戸での研究「展望ある内容を企業タイアップで」

自己免疫疾患と抗がん剤の効果判定検査薬に注力

2018年10月22日 大西裕康(m3.com編集部)


会見する本庶氏神戸医療産業都市推進機構理事長を務める本庶佑氏(京都大学高等研究院特別教授、同大名誉教授)は10月19日、同機構理事長として改めてノーベル医学生理学賞受賞の記者会見を神戸ポートピアホテル内で開き、神戸での研究について「かなり展望があると感じていることを企業との連携でやっている」と述べた。京大では、「かなりベーシック、根源的な問題を、大学なのでやっている」と説明した。具体的には、MeijiSeikaファルマと自己免疫疾患の治療薬を、シスメックスなどと抗がん剤の効果を検査する薬をそれぞ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事