m3.com トップ>医療維新>オピニオン|志賀隆の「救...>「24時間働けますか」は時代遅れ?

「24時間働けますか」は時代遅れ?

「危なかった」を防ぐ医療者の睡眠のコツ

2018年10月27日 志賀隆(国際医療福祉大学准教授/同大三田病院救急部長)


長年、日本社会全体そして医療界は長時間労働をせざるを得ない環境にあり、今でもその状況は大きく変わっていません。「医療は人の命を預かるから24時間働くべきだ」という、“べき論”を唱える人もいます。ただ、このままで良いとは考えられません。そこで、前回は診療寄りの内容だった「悪くなったら来てください!で大丈夫?」で解説した帰宅指示書から、今回はちょっと趣向を変えてパフォーマンスに大きな影響を与える医療者の睡眠について書きたいと思います。看護師の勤務では、交代制勤務が主流です。しかし、医師の勤務は、・病...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

志賀隆の「救急医療の現場から」に関する記事(一覧

救急外来から患者さんを帰す時に必要な「かきくけこ」 2020/1/26

医師のタスクスイッチの効率を上げる5つの方法 2019/12/28

先生が誘った飲み会、楽しいの? 2019/11/29

医療者の提案が伝わらない患者さんに出会った時は 2019/10/25

突然、来年の職場がなくなっても 2019/9/29

3人の医師の運命を変えた“熱い夏” 2019/8/30

女性医師がカギ!救急専門医倍増私案 2019/8/2

NPの増加こそ医療界を救う秘策 2019/6/28

職場の雰囲気が悪いことで失う物って? 2019/5/26

優秀な医師ほどバーンアウトする? 2019/3/3

コンサルトのうまいコツ、教えます 2018/12/30

「研修医よ、なぜ忘れる!」と怒ってはダメ 2018/11/10

「24時間働けますか」は時代遅れ? 2018/10/27

「悪くなったらまた来てください!で大丈夫?」 2018/9/28

忙しい外来でCTをオーダー!翌日のレポート確認できますか?【後編】 2018/8/31

「忙しい外来でCTをオーダー!翌日のレポート確認できますか?」【前編】 2018/7/27

“おじさん世代”の価値観のままで大丈夫?!研修医を支える指導医とは 2018/6/28

救急車は無料でいいの?【後編】 2018/5/25

救急車は無料でいいの?【前編】 2018/4/27

救急医に必要な3つの能力 2018/3/16