m3.com トップ>医療維新>レポート|医師の働き方...>デーモン閣下も危惧「日本の医療は危機的」医療のかかり方を広める懇談会

デーモン閣下も危惧「日本の医療は危機的」医療のかかり方を広める懇談会

「ギリギリの人数と体力」救命救急医が窮状を告白

2018年10月23日 岩崎雅子(m3.com編集部)


厚生労働省は10月22日、患者やその家族に医療のかかり方を周知・広報する方法を検討する「上手な医療のかかり方を広めるための懇談会」(座長:渋谷健司・東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学教授)の第2回会議を開いた。会議ではタスク・シフティングが話題となったほか、現役の救命救急センター勤務医が参考人として現場の窮状を訴え、構成員のデーモン閣下らからは、「日本の医療は相当な危機」「自己犠牲で痛々しい」などの声が上がった。国民に向けた情報発信に関しては、既存コンテンツの利活用に話題が集まった(資料は...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

次の記事