m3.com トップ>医療維新>オピニオン|北原大翔の「...>USMLE合格したらなんかかっこいいね、をモチベーションに心臓外科医はどこまで頑張れるのか

USMLE合格したらなんかかっこいいね、をモチベーションに心臓外科医はどこまで頑張れるのか

第一章総論 USMLE受験はしんどいしお金かかるし時間もかかる

2018年10月28日 北原大翔(シカゴ大学 心臓胸部外科心肺移植・機械式循環補助 クリニカルフェロー)


勉強会の様子次の就職先であるワシントンD.C.の医師免許が下りるまで米国で働くことができないので(米国では州ごとに医師免許が発行される)、日本に一時帰国しています。前回の記事でUSMLE(米国医師国家試験)について少し触れたのと、たまたま今いる旭川医科大学でUSMLE勉強会なるもののレクチャーを行う機会があったのと、USMLEのことを語る人ってなんかかっこいいなと思ったので、今回はUSMLEについて書こうと思います。USMLEは米国で医師をするために必要な、日本で言うところのいわゆる国試的なもの...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事