m3.com トップ>医療維新>レポート|医学部不適切...>東京医大前学長「関係者なので、合格」、第三者委員会一次報告書

東京医大前学長「関係者なので、合格」、第三者委員会一次報告書

2018年度一般入試、不正なければ女性合格者2倍か

2018年10月24日 水谷悠(m3.com編集部)


「関係者なので、合格」――。東京医科大学は10月23日、不正入試問題を調査している第三者委員会の第一次調査報告書を発表した。報告書は「『公正かつ妥当な方法』による入学者の選定とは認めがたい行為が複数存在する」と認定し、2018年度入試では鈴木衛前学長が「関係者なので」と発言したことによって合格とされた受験生がおり、同氏や臼井正彦前理事長の意向で「個別調整」したことや、43人だった一般入試の女性合格者が不正がなかった場合は82人だったとみられること、性別や出身校などによる「属性調整」が行われていた...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

医学部不適切入試に関する記事(一覧

追加合格の女子学生「何としてでも東京医大以上の医学部に入ろうと決意」 2019/7/27

女性13人が順天堂大を提訴、不適切入試 2019/6/20

不正入試の解決に医師の労働・研修改善が必要 2019/6/13

大学入試で性別、年齢などによる差別禁止を明記 2019/6/11

3度不合格の女性「なぜ人の人生を性別で品定めするのか」、東京医大訴訟 2019/6/7

「大学に自浄作用なくば、文科省の指導を」 2019/4/5

東京医大、元受験生33人が計1億2960万円求め提訴 2019/3/23

東京医大、寄付金で入試の個別調整「強く疑われる」 2019/3/4

東京医大の2018、19年度助成金不交付、7大学は減額 2019/1/22

岩手医大、2018度不合格の8人を追加合格 2019/1/9

東医大と神戸大以外、2019年度募集人員維持へ 2018/12/29

順天堂大は追加入学意向48人中3人 2018/12/28

不適切入試に伴う定員増、「中長期的な医師需給への影響なし」 2018/12/27

東京医科大を提訴、消費者団体が受験料返還求め 2018/12/18

大学入試、罰則含むルール検討へ―文科省 2018/12/14

日大、優遇による合格者を18人から12人に訂正 2018/12/14

聖マリアンナ医大「属性による一律評価せず」 2018/12/12

日大、同窓生子女3年で12人を優先補欠合格【12月13日訂正発表】 2018/12/12

順大学長、女子・多浪の差異は「裁量の範囲内」 2018/12/11

北里大、補欠合格で男性・若年者を優先 2018/12/10