m3.com トップ>医療維新>オピニオン|NCDで医療...>内科・外科が連携する、新しいがん登録の時代

内科・外科が連携する、新しいがん登録の時代

臨床現場の負担軽減とデータの正確性を追求した日本肝癌研究会の取り組み

2018年10月28日 NCD事務局


1969年より2年ごとに全国原発性肝癌追跡調査を行い、外科医、内科医ともに積極的にがん登録を行ってきた日本肝癌研究会。外科の専門医制度と連携しているNCDは、内科医にとって馴染みの薄いシステムとも言えるが、2010年のNCDプラットフォームへの移行後も登録率がほぼ下がらないという。同研究会の幹事で外科医の長谷川潔氏と内科医の建石良介氏に、内科・外科のみごとな連携の秘訣から、NCD参画の経緯と意義や成果について聞いた。(本文中、敬称略)プロフィール長谷川潔(はせがわきよし):東京大学大学院医学系研...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事