m3.com トップ>医療維新>レポート>男女共同参画は「まともな働き方を基盤に」

男女共同参画は「まともな働き方を基盤に」

学術会議シンポ、 桃井・自治医大名誉教授「医療の適切な量を考えて」

2018年10月26日 岩崎雅子(m3.com編集部)


自治医科大学名誉教授の桃井真里子氏自治医科大学名誉教授の桃井真里子氏は、10月26日に開催された日本学術会議公開シンポジウム「医療界における男女共同参画の推進と課題~日本学術会議幹事会声明をふまえて~」で基調講演し、「今、本当に必要なのは(男女は関係ない)まともな働き方を基盤にした医療体制を考えること」と述べ、「まず医師を増やす、そして医療の量が適正かを国民も必死になって考える必要がある」と訴えた。桃井氏は基調講演で、日本の医療の現状を諸外国と比較。人口当たりの医師数がOECD平均の0.7倍にか...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

日医が医療通訳に関する協議会を設置 2019/1/16

妊婦加算「要件を厳格化すべきだった」 2019/1/13

消費税問題「課税も含めた議論必要」、猪口全日病会長 2019/1/12

社会保障抑制策、参院選後に厳しい議論 2019/1/11

「2040年問題、金より人の制約が課題」、吉田厚労省医政局長 2019/1/10

93歳現役医師ら、第7回赤ひげ大賞 2019/1/10

10連休対策「危機意識が低い傾向」 2019/1/10

横倉日医会長、2018年は「挑」戦の1年 2018/12/26

がん終末期患者の約4割「苦痛あり」、国立がん研究センター 2018/12/26

オンライン診療の手引書、診療科別で国内初 2018/12/26

地域別診療報酬の検討、奈良県が事実上凍結 2018/12/25

相澤日病会長「医療界のこと、腰据えて考えないと」 2018/12/25

日病協「非課税下ではこれ以上望めない」 2018/12/21

2019年度厚労省予算案、過去最大の32兆351億円 2018/12/21

消費税問題「解決してない」、地域医療を守る病院協議会 2018/12/21

ウェブサイト医療広告の監視体制強化、来年度から 2018/12/21

成育基本法の成立で「今後は実効性ある施策の実現を」 2018/12/19

妊婦の医療費自己負担軽減策「広がるよう要望していく」 2018/12/19

厚労省から指摘で公開停止の糖尿病リスク予測ツール、再公開 2018/12/19

「老害にならないように働く」との声も 2018/12/16