m3.com トップ>医療維新>レポート|ノーベル医学...>本庶・京大特別教授、日医最高優功賞

本庶・京大特別教授、日医最高優功賞

最高優功賞は計25人に、優功賞3人、医学賞3人

2018年11月1日 橋本佳子(m3.com編集長)


日本医師会は11月1日、「日本医師会設立71周年記念式典並びに医学大会」を開催、日医最高優功賞として、2018年ノーベル医学生理学賞受賞が決定した京都大学特別教授の本庶佑氏、日医常任理事を12年務めた今村定臣氏、同じく8年務めた鈴木邦彦氏ら、計25人を表彰した。本庶氏の受賞は今年8月の日医理事会で決定していた。その他、日医優功賞6人、日医医学賞3人、日医医学研究奨励賞15人を決定、表彰した。受賞者を代表して、富山県医師会長の馬瀬大助氏があいさつ。本庶氏のノーベル医学生理学賞の受賞決定について、「...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事