m3.com トップ>医療維新>レポート|m3.com...>臓器別講座の弊害「専門外を診られない」「一臓器で臨床は成立せず」

臓器別講座の弊害「専門外を診られない」「一臓器で臨床は成立せず」

ナンバー制、臓器別それぞれの弊害を調査◆Vol.3

2018年11月10日 高橋直純(m3.com編集部)


Q臓器別講座の弊害を実感したことがある場合、具体的にどのような出来事でしたでしょうか。調査結果はこちら⇒臓器別講座の弊害、年齢上がるごとに実感・臓器別で対象疾患がストライクゾーンである場合は問題ないが、そうではなく、疾患臓器が多岐にわたる場合など、すんなり引き受けてくれない。どこが中心で見るかあやふや、どこの科も中心で診たくない。今までいた病院が悪かったのかもしれませんが、勤務医は押し付け合いばかりでした。ある程度、臨床に対しての向上心がなければ仕事が少なくても多くても給料など見返りは一緒ですか...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

m3.com意識調査に関する記事(一覧

「保険診療の在り方を見直す時期」「許容すべき」 2019/7/7

高額薬剤は「先進医療で」医師の4割 2019/7/6

医師、薬剤師は「紙のお薬手帳」を支持 2019/6/23

妊婦加算、医師62.7%が「再開するべき」 2019/6/9

オンライン診療、開業医6.9%、勤務医4.8%が自由診療 2019/6/2

10連休後、3割が勤務意欲減退 2019/5/25

医療に貧富の差、AI進展、患者が医師選ぶ時代…… 2019/5/19

開業医の10.2%、勤務医の11.9%、「AI勉強中」 2019/5/17

死因トップは依然「がん」、「老衰」「肺炎」増加か 2019/5/11

AI、再生医療、ゲノム医療が「進展」のトップ3 2019/5/6

令和「医療費削減圧力高まる」「医学部人気も頭打ち」 2019/5/3

「令和」の医療、勤務医の4割「良くなる」 2019/5/1

医師の勤務環境「変わらない」54% 2019/4/15

退職医師の再就職「週2~3日など、緩やかな勤務」なら 2019/4/14

研究医を増やすには?「医局で良いバイト斡旋を」「臨床と行き来しやすく」 2019/4/7

臨床研修中の英語論文、医師の4割が「反対」 2019/4/7

医師6割、時間外上限1860時間は「長い」 2019/3/12

緊急避妊薬「OTC化で性感染症増える」「スピードがメリット」 2019/3/10

医師の7割、児童・生徒への投球制限に賛成 2019/2/3

時間外上限「2000時間」、医師の半数が「長すぎる」 2019/1/27