m3.com トップ>医療維新>レポート|m3.com...>医師として「3浪以上は不利」「差はない」3割拮抗

医師として「3浪以上は不利」「差はない」3割拮抗

多浪で「苦労の味知る」、格差「やむを得ない」

2018年11月10日 水谷悠(m3.com編集部)


東京医科大学の前理事長と前学長の贈賄疑惑から始まった医学部不適切入試問題では、同大が三浪以上、昭和大学が二浪以上の受験生に不利な扱いをしたことが明らかになっている。文部科学省の緊急調査でも、「不適切な可能性の高い事案」として現役生に加点して浪人生には加点しないなど、属性によって取り扱いに差異を設けていると見られる例があることが指摘された。浪人年数により医学生として、または医師として不利があるかどうかをm3.com医師会員に聞いたところ、全体で「差はない」が32.0%、「三浪以上は不利」が32.2...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。