m3.com トップ>医療維新>インタビュー|2018秋◆...>「なんとなく」で診療しないために - 岩田健太郎・神戸大大学院医学研究科教授に聞く◆Vol.1

「なんとなく」で診療しないために - 岩田健太郎・神戸大大学院医学研究科教授に聞く◆Vol.1

医師に不可欠「批判的吟味能力」を養う英語論文の必要性

2018年11月9日 聞き手・まとめ:大西裕康(m3.com編集部)


感染症に関する多数の著書に加えて、後輩医師の指導法や、専門医を持っている漢方関係、そして時間の使い方と、神戸大学大学院感染治療学分野教授の岩田健太郎氏が筆を振るう領域は幅広い。最新著書は9月に出版した『Dr.イワケンのねころんで読める英語論文』(メディカ出版)。発売前からAmazonの「医学関連語学」分野などで人気ランキング1位を獲得し、発売直後に重版も決まった。なぜ今、Dr.イワケンが英語論文の読み方を語るのか――。執筆のきっかけや医師に英語論文を読む力が不可欠な理由、書籍を作る際の工夫につい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

2018秋◆著者インタビューに関する記事(一覧

「ボケとツッコミ」で診療に役立つ英語を学ぶ-岩田健太郎・神戸大大学院医学研究科教授に聞く◆... 2018/11/14

なぜ医師の診療パターンに違いがあるか?-大竹文雄・阪大大学院経済学研究科教授に聞く◆Vol... 2018/11/13

週5日はネット・携帯なしで小説執筆、週1日は医師―医師で小説家・知念実希人氏に聞く◆Vol... 2018/11/11

「なんとなく」で診療しないために-岩田健太郎・神戸大大学院医学研究科教授に聞く◆Vol.1 2018/11/9

患者の行動変容、「ナッジ」が効果的-大竹文雄・阪大大学院経済学研究科教授に聞く◆Vol.2 2018/11/6

「小説家になるために内科医になった」―医師で小説家・知念実希人氏に聞く◆Vol.2 2018/11/4

依存症は最も精神科らしく面白い―松本俊彦・国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物... 2018/11/3

なぜ医師と患者はすれ違うのか?-大竹文雄・阪大大学院経済学研究科教授に聞く◆Vol.1 2018/10/29

「優子、行ける?」と聞かれたら、再び紛争地へ-白川優子・「国境なき医師団」看護師に聞く◆V... 2018/10/27

臨床研修一期生の小説家が描く「今のリアルな医師像」―医師で小説家・知念実希人氏に聞く◆Vo... 2018/10/26

紛争地での援助活動、「NO!」と言わない訳-白川優子・「国境なき医師団」看護師に聞く◆Vo... 2018/10/20

処方する医師が依存症の患者を生み出す―松本俊彦・国立精神・神経医療研究センター精神保健研究... 2018/10/14

理想の医療など、紛争地には存在しない-白川優子・「国境なき医師団」看護師に聞く◆Vol.1 2018/10/8

「患者から覚せい剤成分検出で通報」良い医師か?―松本俊彦・国立精神・神経医療研究センター精... 2018/10/7

労基署の介入、医療不信時の警察と同じ違和感-山口育子・認定NPO法人ささえあい医療人権セン... 2018/10/5

29の政府審議会で委員「医療を受ける側の声を」-山口育子・認定NPO法人ささえあい医療人権... 2018/10/1