m3.com トップ>医療維新>レポート>あはきの受領委任導入「すごい政治力『見えない影が・・・』」

あはきの受領委任導入「すごい政治力『見えない影が・・・』」

「あはき不正対策は柔整にもつながる」

2018年11月15日 高橋直純(m3.com編集部)


日本臨床整形外科学会のシンポジム「あはき受領委任制度の影響」が11月11日に東京都内で開催された。現在は柔道整復でのみ認められている療養費の受領委任制度が2019年から「あん摩、マッサージ指圧、はり・きゅう」(あはき)にも導入されることについて、活発な議論が行われた。健康保険組合連合会理事で、本件の厚生労働省検討会に参加している幸野庄司氏は「施術者側はすごい政治力を持っている団体。『見えない影』があった」と打ち明けた一方で、「反対していた受領委任導入は決まってしまったが、不正対策では結構進んだ。...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

「あはき、柔整は今後も伝承していくべき」日医・釜萢氏 2019/12/3

医療データ活用で新学部、2022年設置を計画、東京医科歯科大 2019/12/3

「横倉日医会長×小泉環境相」、人生100年時代語る 2019/12/1

「定年後の医師が活躍できる医療環境を」、やまがた宣言 2019/11/30

NICUは集約化・重点化、「量」から「質」の時代へ 2019/11/28

横倉会長「医師会代表として心からご冥福を祈る」 2019/11/28

横倉会長「本体マイナスは300万人の賃下げ要望に等しい」 2019/11/28

「精神科主治医として性的搾取」、遺族が医師免許剥奪求める 2019/11/26

「地域フォーミュラリ」で薬剤費削減に成功-日本海ヘルスケアネット◆Vol.2 2019/11/26

東京五輪・パラリンピックへ向け、メディカル研修始まる 2019/11/25

「迫る2022年危機!今こそ改革断行を!」、4つのスローガン決議 2019/11/22

「厚労省はスピード感がない」電カル標準化で日医・羽鳥氏が苦言 2019/11/21

厚労省PHR、民間事業者参入で議論「モラルか、ルールか」 2019/11/20

10法人で「地域医療の最適化」実現目指す-日本海ヘルスケアネット◆Vol.1 2019/11/20

デーモン閣下「医療現場の実情、もっと知らなくては」 2019/11/18

「AIホスピタル」慶應大・阪大など4病院で実装 2019/11/12

救急救命士の活動範囲、病院内にも拡大を検討、厚労省 2019/11/8

「遺体の本人確認は盲点、最後までリストバンド外さず」 2019/11/7

都道府県基金に国費855億円、効果検証求める声相次ぐ 2019/11/6

オンライン診療「疾患制限を撤廃、医師の裁量拡大を」 2019/11/6