m3.com トップ>医療維新>レポート>医師の地域偏在解消、「救急医の養成強化が急務」

医師の地域偏在解消、「救急医の養成強化が急務」

大友・医科歯科大教授、自治体病院でも「救急医3.5人以上で常勤医増」

2018年11月15日 大西裕康(m3.com編集部)


東京医科歯科大の大友康裕氏東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科救急災害医学分野教授の大友康裕氏(同大学医学部附属病院副病院長・救命救急センター長)は11月15日、同大学が開いた記者懇談会で講演し、医師の地域偏在を解消する有効策として、救急科専門医の養成強化が急務と改めて訴えた。日本救急医学会が2016年に実施した調査の結果として、救急医が3.5人以上いる病院では常勤医が増加する傾向にある状況などを示しながら、救急科専門医が救急当直を担う体制があれば他の診療科医師の負担軽減につながり、特に医師不...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

「あはき、柔整は今後も伝承していくべき」日医・釜萢氏 2019/12/3

医療データ活用で新学部、2022年設置を計画、東京医科歯科大 2019/12/3

「横倉日医会長×小泉環境相」、人生100年時代語る 2019/12/1

「定年後の医師が活躍できる医療環境を」、やまがた宣言 2019/11/30

NICUは集約化・重点化、「量」から「質」の時代へ 2019/11/28

横倉会長「医師会代表として心からご冥福を祈る」 2019/11/28

横倉会長「本体マイナスは300万人の賃下げ要望に等しい」 2019/11/28

「精神科主治医として性的搾取」、遺族が医師免許剥奪求める 2019/11/26

「地域フォーミュラリ」で薬剤費削減に成功-日本海ヘルスケアネット◆Vol.2 2019/11/26

東京五輪・パラリンピックへ向け、メディカル研修始まる 2019/11/25

「迫る2022年危機!今こそ改革断行を!」、4つのスローガン決議 2019/11/22

「厚労省はスピード感がない」電カル標準化で日医・羽鳥氏が苦言 2019/11/21

厚労省PHR、民間事業者参入で議論「モラルか、ルールか」 2019/11/20

10法人で「地域医療の最適化」実現目指す-日本海ヘルスケアネット◆Vol.1 2019/11/20

デーモン閣下「医療現場の実情、もっと知らなくては」 2019/11/18

「AIホスピタル」慶應大・阪大など4病院で実装 2019/11/12

救急救命士の活動範囲、病院内にも拡大を検討、厚労省 2019/11/8

「遺体の本人確認は盲点、最後までリストバンド外さず」 2019/11/7

都道府県基金に国費855億円、効果検証求める声相次ぐ 2019/11/6

オンライン診療「疾患制限を撤廃、医師の裁量拡大を」 2019/11/6