m3.com トップ>医療維新>スペシャル企画|NCDで医療...>医療データに基づいた先駆的なプロジェクトと乳がん診療均てん化実現

医療データに基づいた先駆的なプロジェクトと乳がん診療均てん化実現

フィードバックによる、さらなるQI遵守率向上を目指した新たな取り組みとは?

2018年11月25日 NCD事務局


2012年よりNCDに参画した日本乳癌学会。現在、年間約9万人が発症すると言われる乳がん患者の9割強に当たる8万人以上のデータがNCDに登録されている。さらに同学会では、これまでは医療者・学会が利活用していたNCDデータを、患者にも活用してもらうプロジェクトを開始した。臓器癌登録をNCDに移行、予後データ登録率アップの工夫施す中村清吾氏日本乳癌学会が全国乳癌患者登録調査を始めたのは1975年、同学会の前身である乳癌研究会での事業にさかのぼる。国立がんセンター(現国立がん研究センター)が中心になっ...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事