m3.com トップ>医療維新>オピニオン|北原大翔の「...>医療面接30分×模擬患者12人=6時間のテスト

医療面接30分×模擬患者12人=6時間のテスト

第三章各論 プラス2000円で英語を勉強するモチベーションを買う

2018年12月2日 北原大翔(シカゴ大学 心臓胸部外科心肺移植・機械式循環補助 クリニカルフェロー)


バックナンバーはこちら前回はUSMLEのSTEP1、STEP2CKについて説明しました。今回はSTEP2CSとSTEP3についてです。前回も言いましたが、あまり参考にはなりません。STEP2CSの試験内容は、今までとはガラッと変わり医療面接形式になります。模擬患者を相手に問診、身体所見、ある程度の鑑別診断を付けてカルテを書く――の全てを制限時間30分以内に行います。そして、その30分サイクルを12人分ひたすら繰り返します。受験者は診察を、摸擬患者はお腹痛い演技を、それぞれ6時間ほぼぶっ通しで続け...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

北原大翔の「モテたい心臓外科医、米国へ渡る」に関する記事(一覧

尽くす助手とダメ米国心臓外科医 2019/12/1

米国心臓外科医の思う外科医とは(前編) 2019/9/1

世界一の心臓外科医になるために、今できることをやる医学生 2019/4/29

クラウドファンディングで海外留学する医学生に話を聞いてみました 2019/4/20

米国における働き方のいろいろについて 2019/3/24

モテたい米国心臓外科医的な冬休みの過ごし方 2019/3/9

不純?崇高?『U.S.A.?』 2019/1/14

医療面接30分×模擬患者12人=6時間のテスト 2018/12/2

外科医の人生設計、緑茶に苺ショートケーキでもいいじゃないか 2018/11/25

日米の医療の違いとは? 2018/11/18

USMLEの試験勉強、ゼロからのスタート 2018/11/11

USMLE合格したらなんかかっこいいね、をモチベーションに心臓外科医はどこまで頑張れるのか 2018/10/28

米国は好きなところを伸ばす、日本はすくい上げる 2018/9/23

高校から米国へ、そして医師を目指すには 2018/9/9

謙虚さを捨てろ! 2018/8/26

就職難!?米国心臓外科医の仕事探し 2018/8/12

ミリオネアになりたい!年俸3000万円のオファーも 2018/7/22

米国心臓外科医のお財布事情前編 2018/7/8

嫌なことばかりではない、プロキュアメントに差し込む一筋の光 2018/6/16

移植臓器の陣取り合戦 2018/6/3