m3.com トップ>医療維新>レポート|医師の働き方...>医療の特殊性「不確実性」「公共性」など6種に整理

医療の特殊性「不確実性」「公共性」など6種に整理

「自己研鑽」は「研鑽」と呼称変更、厚労省

2018年11月20日 水谷悠(m3.com編集部)


厚生労働省は11月19日の第12回「医師の働き方改革に関する検討会」に、医師の働き方の観点からみた医療の特性を「不確実性に関するもの」「公共性に関するもの」など6種に整理して提示した。中でも不確実性、公共性、技術革新・水準向上、高度の専門性の4種を特に重要なものと指摘。これらを考慮しながら、時間外労働の上限規制や医師の負担軽減などについて、2019年3月までに出す必要がある一定の結論に向けた議論を詰めていく(資料は、厚労省のホームページ)。この日の資料では、これまで「自己研鑽」としてきた用語を、...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事

医師の働き方改革とキャリアに関する記事(一覧

「働き方改革」への姿勢で激論、厚労省検討会 2019/2/21

時間外上限「年1860時間」で再提案 2019/2/21

全自病会長「医師の働き方改革と不足・偏在対策を並行して」 2019/2/15

医師の健康確保措置、実施しなければ「暫定特例解除」も 2019/2/7

産婦人科医の不安、疑問続出「5年でゼロにできるのか」 2019/1/28

日病協議長、時間外「上限ありきでいいのか」 2019/1/25

日医会長「全医師に暫定特例水準を強いるものではない」 2019/1/23

「時間外上限2000時間」案、変更の可能性も 2019/1/22

「宿直」の定義が先決、時間外労働の議論に“注文” 2019/1/16

「大学病院こそ危機意識を持ち、10年後に960時間を目指す」と宣言を-渋谷健司・東大教授に... 2019/1/15

当直する常勤2人、23区以上の面積支える-阿部吉弘・小国町立病院院長に聞く 2019/1/14

時間外上限「地域医療確保暫定特例水準」1900~2000時間 2019/1/12

働き方骨子案たたき台「現場の医師の声盛り込むべき」副座長が苦言 2018/12/20

「連続勤務は28時間まで」「勤務は9時間のインターバル」 2018/12/17

「国民全体が医療危機に取り組むべき」デーモン閣下、宣言発表 2018/12/17

医師の時間外労働上限「地域医療確保」「技能向上」で2階建て提案 2018/12/6

「弱小病院への指導、何に直結するか」-黒木嘉人・飛騨市民病院病院長に聞く◆Vol.2 2018/12/4

管理職による当直多数、必死のやりくり-黒木嘉人・飛騨市民病院病院長に聞く◆Vol.1 2018/11/28

「働き方改革」、最初ははらわた煮えくり返る思い-島弘志・聖マリア病院病院長に聞く◆Vol.... 2018/11/23

医療の特殊性「不確実性」「公共性」など6種に整理 2018/11/20