m3.com トップ>医療維新>インタビュー|著者インタビ...>高校生の妹のために描いた漫画から生まれた - 『はたらく細胞』漫画家・清水茜氏に聞く◆Vol.1

高校生の妹のために描いた漫画から生まれた - 『はたらく細胞』漫画家・清水茜氏に聞く◆Vol.1

体で働く細胞たちを擬人化し、累計330万部の人気作に

2018年11月24日  長倉克枝(m3.com編集部)


赤血球や白血球、マクロファージなど体で働く細胞たちを擬人化し、細菌やウイルスと戦う様子を描いた漫画『はたらく細胞』が、医療関係者も納得の人気だ。『月刊少年シリウス』(講談社)で2015年から連載が始まり、漫画ランキングで高評価を得るなどして話題に。単行本5巻などシリーズ累計330万部以上を販売。さらに、今年7~9月にTVアニメ放送されると、その人気は子供たちにも広がった。出版元の講談社は熱中症が話題になった今夏には熱中症を扱った漫画第6話をウェブサイトで無償公開したり、TVアニメの製作委員会は医...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

著者インタビューに関する記事(一覧

目指すのは「医学モデル」からの脱却-佐々木淳・医療法人悠翔会理事長に聞く◆Vol.4 2019/1/27

「健康に良い食事」も医師の働き方改革-津川友介・UCLA助教授に聞く◆Vol.3 2019/1/20

若手、外科系医師が在宅医療に関心-佐々木淳・医療法人悠翔会理事長に聞く◆Vol.3 2019/1/20

日常診療で使える「究極の食事」-津川友介・UCLA助教授に聞く◆Vol.2 2019/1/13

「患者を不幸にしていた反省」から在宅へ-佐々木淳・医療法人悠翔会理事長に聞く◆Vol.2 2019/1/12

「今のままではやばい!」、気付きが学びの原点-佐々木淳・医療法人悠翔会理事長に聞く◆Vol... 2019/1/5

医学生は勉強よりも「部活」「バイト」を-寺澤秀一・福井大学名誉教授に聞く◆Vol.4 2019/1/5

「究極の食事」は最低限の“地動説”-津川友介・UCLA助教授に聞く◆Vol.1 2019/1/4

救急と総合診療の合体「現場ニーズに合った良い医者が育つ」-寺澤秀一・福井大学名誉教授に聞く... 2018/12/30

「なぜ日本では一つのみか」と疑問の声-蓮田太二・慈恵病院院長に聞く◆Vol.2 2018/12/28

医師需給で「今」の議論はできない-桐野高明・佐賀県医療センター好生館理事長に聞く◆Vol.... 2018/12/24

北米型救急が根付くまで「ぎらぎらしなくなったら…」-寺澤秀一・福井大学名誉教授に聞く◆Vo... 2018/12/23

「赤ちゃんポスト」と呼ばないで!-蓮田太二・慈恵病院院長に聞く◆Vol.1 2018/12/22

学生時代の「偽医者」経験がきっかけで沖縄へ-寺澤秀一・福井大学名誉教授に聞く◆Vol.1 2018/12/16

医師需給問題「本邦初」のテキスト-桐野高明・佐賀県医療センター好生館理事長に聞く◆Vol.... 2018/12/15

「物語を通して細胞の働きを紹介する漫画らしい」と気付いた-『はたらく細胞』漫画家・清水茜氏... 2018/12/9

「現場を経験したらご都合主義は書けない」-医師で作家・久坂部羊氏に聞く◆Vol.3 2018/12/8

論文説明は絶望で終わる-名郷直樹・武蔵国分寺公園クリニック院長に聞く◆Vol.3 2018/12/5

10%も6%も患者にとっては同じ-名郷直樹・武蔵国分寺公園クリニック院長に聞く◆Vol.2 2018/12/2

アニメ化で子供たちにも人気に-『はたらく細胞』漫画家・清水茜氏に聞く◆Vol.2 2018/12/1