m3.com トップ>医療維新>レポート|中央社会保険...>再分析結果の乖離、比較対象や費用などデータの違いが要因

再分析結果の乖離、比較対象や費用などデータの違いが要因

費用対効果評価、事前協議など強化へ

2018年11月21日 水谷悠(m3.com編集部)


厚生労働省は11月21日の中央社会保険医療協議会の費用対効果評価、薬価、保険医療材料各専門部会の合同部会に、2016年度に開始した費用対効果評価の試行的導入で企業による分析と第三者による再分析で結果に乖離が生じていた問題の検証結果を報告した。乖離の理由として、「両分析間で投与期間、比較対象技術、対象集団の分け方に相違があった」、「両分析間で費用や効果の推計方法、用いるデータが異なった」ことを挙げ、本格的導入に向け分析内容の事前協議を充実させるなどの方針を示した(資料は、厚労省のホームページ)。本...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

中央社会保険医療協議会に関する記事(一覧

抗菌薬の適正使用を推進する加算、対象年齢拡大へ 2019/10/18

急性期「旧7対1」、再編の評価は? 2019/10/18

「働き方改革×診療報酬」で激論、中医協 2019/10/18

rt-PA療法の保険適用、要件緩和の検討に着手 2019/10/18

新薬創出等加算、「先駆け審査」品目なら追加か 2019/10/9

複雑化するがん医療提供体制、個別評価すべきか 2019/10/9

後発医薬品、「安定供給リスク」も念頭に価格設定を 2019/10/9

特許切れ医薬品の値下げ、前倒しの検討開始 2019/9/26

院内調剤の見直しが焦点、薬局との比較で 2019/9/25

医師の働き方改革にはOTC類似薬の保険適用除外? 2019/9/25

入院時のポリファーマシー対策で“プロセス”評価へ 2019/9/19

カルテとリハビリ計画書の重複負担軽減を、診療側 2019/9/18

紹介状なし初診の保険外負担「5401円以上」は20病院 2019/9/13

31日以上の処方が増加傾向 2019/9/12

薬価制度改革へ、個別の検討開始 2019/9/12

再生医療の公定価格、妥当な算定方式とは? 2019/9/12

「機能強化加算」、診療所の約1割が届出 2019/9/12

地域包括ケア病棟、回復リハ病棟、届出施設・病床数は増加傾向 2019/9/11

オンライン診療料、改定直後の届出数は計970施設 2019/9/11

国内初の遺伝子治療薬、9月4日から保険適用へ 2019/8/28