m3.com トップ>医療維新>レポート|医学部不適切...>受験差別を受けた「当事者」の声、伝えたい - 竹口優三・福島医大6年生に聞く

受験差別を受けた「当事者」の声、伝えたい - 竹口優三・福島医大6年生に聞く

「適正な手続により権利の回復を求める医学部差別入試当事者の会」発足

2018年11月23日 聞き手・まとめ:橋本佳子(m3.com編集長)


福島県立医科大学医学部医学科6年生の竹口優三さんが11月16日、「適正な手続により権利の回復を求める医学部差別入試当事者の会」を発足させた。竹口さんは、「東京医大等入試差別問題当事者と支援者の会」の10月の記者会見で、実名で登壇した3人の医学生のうちの1人。6年前と7年前の東京医科大学の入試で不合格となった。新たな会の目的や東京医大入試不正問題の受け止め方について、この時期に新たな会を発足した理由も含めてお聞きした(2018年11月18日にインタビュー)。――まず簡単な自己紹介をお願いできますか...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

医学部不適切入試に関する記事(一覧

東京医大不適切入試、2020年3月に初の判決へ 2019/11/22

順大不適切入試「少なくとも10年程度前からと推認」 2019/11/1

消費者団体が順大を提訴、不適切入試 2019/10/18

「医療の現状正当化のため受験生の夢奪った」順大訴訟 2019/10/17

「現役・一浪加点、同窓優遇、女性差別」を廃止、昭和大学 2019/9/14

元女子受験生、3大学で医学部不合格、慰謝料求め提訴 2019/9/6

追加合格の女子学生「何としてでも東京医大以上の医学部に入ろうと決意」 2019/7/27

女性13人が順天堂大を提訴、不適切入試 2019/6/20

不正入試の解決に医師の労働・研修改善が必要 2019/6/13

大学入試で性別、年齢などによる差別禁止を明記 2019/6/11

3度不合格の女性「なぜ人の人生を性別で品定めするのか」、東京医大訴訟 2019/6/7

「大学に自浄作用なくば、文科省の指導を」 2019/4/5

東京医大、元受験生33人が計1億2960万円求め提訴 2019/3/23

東京医大、寄付金で入試の個別調整「強く疑われる」 2019/3/4

東京医大の2018、19年度助成金不交付、7大学は減額 2019/1/22

岩手医大、2018度不合格の8人を追加合格 2019/1/9

東医大と神戸大以外、2019年度募集人員維持へ 2018/12/29

順天堂大は追加入学意向48人中3人 2018/12/28

不適切入試に伴う定員増、「中長期的な医師需給への影響なし」 2018/12/27

東京医科大を提訴、消費者団体が受験料返還求め 2018/12/18