m3.com トップ>医療維新>オピニオン|Dr.木川の...>インフル治療、「何も処方しない」を実践できるか

インフル治療、「何も処方しない」を実践できるか

2018年11月26日 木川英(川越救急クリニック副院長)


私のクリニックのある川越(埼玉県)も朝晩寒くなり、夜が訪れるのも早くなってきた晩秋ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。前回の災害医療に対する皆様のお考え、私と同じようなご意見や異なる視点からのご意見ありがとうございました。大変参考になりましたので、まずは振り返ってみたいと思います。『情報共有ができていない』災害医療への協力をしたいと考える医療従事者は多いと思われるが、必要な医療をどこへ提供するかという司令塔がしっかりしていないことが多い。さまざまな団体が自律的に動き、仕事の重複や連携不足がある...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事