m3.com トップ>医療維新>レポート>がん遺伝子パネル検査の対応を迅速化、抗がん剤の適応外使用で

がん遺伝子パネル検査の対応を迅速化、抗がん剤の適応外使用で

厚労省、「患者申出療養」を活用し、審査期間の短縮など図る

2018年11月27日 大西裕康(m3.com編集部)


厚生労働省は、製造販売承認済みの抗がん剤を適応外使用で治療に使うと効果が期待できるとの結果が、がん遺伝子パネル検査で出てくることを想定した準備を進める。現在、国立がん研究センター中央病院、東京大学医学部附属病院、大阪大学医学部附属病院の3施設が「先進医療B」として保険診療との併用(保険外併用療養)でがん遺伝子パネル検査を実施しており、抗がん剤の適応外使用を推奨する結果が出るのは時間の問題と見られている。必要な場合に「患者申出療養」の制度で保険外併用療養を認めるため、あらかじめ包括的な研究計画書を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

「マイナンバーで保険証」報道は事実誤認、日医 2019/2/21

「死体外表に異常所見なし」でも警察への届け出対象 2019/2/21

妊産婦の保健・医療体制に対する検討会が発足 2019/2/18

専攻医の基本給、都内の平均は37万5722円 2019/2/16

問診や在宅医療にAIを、厚労省が提案 2019/2/15

「医師増は現実的でない、医療提供体制の改革を」 2019/2/14

消費税問題「遅きに失する感あるが、対応できる」 2019/2/14

医師法21条、厚労省が初の解釈通知 2019/2/13

「出自を問えるのも、命があればこそ」、熊本・慈恵病院 2019/2/13

オンライン診療で緊急避妊薬処方、検討へ 2019/2/12

患医連、「広尾病院事故から20年」を機にシンポジウム 2019/2/11

福島・双葉病院院長の故鈴木氏、都内で葬儀・告別式 2019/2/11

主要学会役員、製薬企業からの報酬総額は7億円強 2019/2/9

医療基本法の超党派議連が設立総会、会長に尾辻氏 2019/2/6

民間企業は「社員の健康を守る企業経営を」 2019/2/3

「早稲田卒」医師、医師養成過程と入試の多様化提言 2019/2/2

外国人旅行者向け拠点病院、選出を都道府県に依頼 2019/2/2

準強制わいせつなど、医師3人免許取り消し 2019/1/31

医療情報サイトより「環境改善」「学校教育」 2019/1/30

「あらゆる機会にかかり方啓発」が最重要 2019/1/26