m3.com トップ>医療維新>レポート>がん遺伝子パネル検査の対応を迅速化、抗がん剤の適応外使用で

がん遺伝子パネル検査の対応を迅速化、抗がん剤の適応外使用で

厚労省、「患者申出療養」を活用し、審査期間の短縮など図る

2018年11月27日 大西裕康(m3.com編集部)


厚生労働省は、製造販売承認済みの抗がん剤を適応外使用で治療に使うと効果が期待できるとの結果が、がん遺伝子パネル検査で出てくることを想定した準備を進める。現在、国立がん研究センター中央病院、東京大学医学部附属病院、大阪大学医学部附属病院の3施設が「先進医療B」として保険診療との併用(保険外併用療養)でがん遺伝子パネル検査を実施しており、抗がん剤の適応外使用を推奨する結果が出るのは時間の問題と見られている。必要な場合に「患者申出療養」の制度で保険外併用療養を認めるため、あらかじめ包括的な研究計画書を...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

外国人旅行者の診療拠点「手上げのメリット見えず」 2019/8/20

救命医療の先取りに自負、仲間を募集◆大阪府三島救命救急センターVol.2 2019/8/19

最後の選択肢「人件費をクラファンで」◆大阪府三島救命救急センターVol.1 2019/8/12

地域包括ケア病棟「懸命に働くと利益が出にくい」 2019/8/9

日医、スイッチOTC化「真摯に議論している」 2019/8/7

AJMC山下会長「一方的に破られると対応できない」 2019/8/7

鈴木医務技監「変化に対応し、勝ち組の医療機関に」 2019/8/5

「地域密着型病院、基幹型病院で機能分担と連携を」相澤日病会長 2019/8/2

社会保障費の自然増5300億円が上限 2019/7/31

「開業医、時々勤務医」を可能に-江津メディカルネットワーク◆Vol.1 2019/7/31

予防・健康づくりへの重点化を要望 2019/7/29

オンライン診療「医療の質の向上にエビデンス構築を」 2019/7/29

東北医科薬科大、第1期生が臨床実習へ 2019/7/26

医師の業務移管、四病協は5分野に言及 2019/7/26

四病協税制改正要望「病院は原則、消費税課税に」 2019/7/25

「外来医療計画は開業規制」は誤解、日医が改めて説明 2019/7/24

医師の残業上限特例、「1860時間はおかしい」 2019/7/22

「3年半に9回の指導」歯科医師が実例報告、健康保険法改正研究会シンポ 2019/7/22

「診療しないこと」が正当化される場合など周知へ 2019/7/19

「在宅医療は21世紀のイノベーション」、2学会合併で第1回大会 2019/7/19