m3.com トップ>医療維新>オピニオン|NCDで医療...>我が国手術症例95%を占めるデータをより信頼性の高いものに

我が国手術症例95%を占めるデータをより信頼性の高いものに

質向上には消化器外科専門医の関与重要、適正な配置を実現

2018年12月9日 NCD事務局


2010年当時、日本消化器外科学会は日本外科学会と共に外科系諸学会に働きかけ、NCD立ち上げへ尽力した。その後もNCD運営の中心的な役割を担う学会として、フィードバック機能やAuditなどにおいて先駆的な取り組みを続けている。同学会理事長で東京大学大学院消化管外科学教授の瀬戸泰之氏と、同学会データベース委員会委員長で神戸大学大学院教授の掛地吉弘氏に、消化器外科領域におけるNCDの役割と意義についてお聞きした。(本文中、敬称略)プロフィール瀬戸泰之(せとやすゆき):東京大学大学院医学系研究科消化管...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事

NCDで医療現場はどう変わったか?に関する記事(一覧

データベース事業を支えるNCD事務局とHQAの連携とは? 2019/8/30

TAVI症例の全例登録、産官学連携によって実現 2019/4/7

循環器内科領域でのインターベンション治療の成熟、医療の質向上に向けて 2019/2/24

ロボット手術、点数算定にNCD登録を活用 2018/12/23

我が国手術症例95%を占めるデータをより信頼性の高いものに 2018/12/9

医療データに基づいた先駆的なプロジェクトと乳がん診療均てん化実現 2018/11/25

内科・外科が連携する、新しいがん登録の時代 2018/10/28

JCVSDからNCDへ-医療の質向上に向けた20年の取り組み 2018/10/7

患者個別の手術リスク、「JapanSCORE」で説明-聖マリアンナ医大心臓血管外科◆Vol... 2018/9/15

論文のデータの信頼性、NCDで担保-聖マリアンナ医大心臓血管外科◆Vol.1 2018/9/8

外科医の働き方改革にもNCDデータ活用-馬場秀夫・日本外科学会理事に聞く 2018/9/1

NCD、日米の手術成績比較も可能-森正樹・日本外科学会理事長に聞く◆Vol.2 2018/8/25

NCD、手術成績の均てん化に寄与-森正樹・日本外科学会理事長に聞く◆Vol.1 2018/8/18

手術症例・成績の公開「社会が決めること」-岩中督・NCD代表理事に聞く◆Vol.2 2018/8/11

手術1000万症例のビッグデータに成長-岩中督・NCD代表理事に聞く◆Vol.1 2018/8/4