m3.com トップ>医療維新>オピニオン|ノーベル医学...>「がん撲滅」への道を示す2018年の本庶佑氏ノーベル・レクチャー

「がん撲滅」への道を示す2018年の本庶佑氏ノーベル・レクチャー

「獲得免疫の思いがけない幸運」(Serendipities of Acquired Immunity)

2018年12月11日 村中璃子(医師、ジャーナリスト)


「免疫チェックポイント阻害薬は、がんにおけるペニシリンの発見のようなものだ。ペニシリンはすべての感染症を克服したわけではないが、それに続く一連の抗生物質の開発により医学に革命をもたらした」筆者は12月7日、スウェーデンのカロリンスカ研究所アウラメディアで行われたノーベル・レクチャーに出席する機会を得た。(撮影:筆者)2018年ノーベル医学生理学賞は、免疫チェックポイントの発見と免疫チェックポイントを阻害することで免疫系を賦活化する新しいがん治療を確立した功績により、京都大学の本庶佑氏とテキサス大...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事