m3.com トップ>医療維新>医師調査|2018年の...>2018年、医療界の「顔」は本庶佑・京大特別教授◆Vol.2

2018年、医療界の「顔」は本庶佑・京大特別教授◆Vol.2

不正入試で収賄の元文科官僚、異例のランクイン

2018年12月24日 水谷悠(m3.com編集部)


2018年を振り返るアンケートの第2弾はキーパーソン。2位の安倍晋三首相に300票以上の圧倒的な差を付けて、ノーベル医学・生理学賞を受賞した本庶佑・京都大学特別教授が1位に選ばれた。2017年までの5年連続で1位安倍首相、2位山中伸弥・京大iPS研究所所長だったが、長年ノーベル賞候補に挙がっていた本庶氏がこの構図を塗り替えた。本庶佑京大特別教授安倍首相は政権に復帰した2012年に2位となり、翌年から1位を守り続けてきたが、今年は2位に陥落。山中氏もノーベル医学・生理学賞を受賞した2012年に1位...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事