m3.com トップ>医療維新>オピニオン|山田瑛文の「...>医学生とデザイナー、“二足のわらじ”を履く訳

医学生とデザイナー、“二足のわらじ”を履く訳

バイトは家庭教師のみにあらず、多様な価値観を醸成

2018年12月23日 山田瑛文(順天堂大学医学部医学科5年生)


前回までは、再受験生からよく相談される受験生活について執筆させていただきました。再受験生からはもちろん、旧友からも現在の私の生活についても、よく質問を受けます。学校生活や私生活について、今回は執筆させていただきたいと思います。現在私は医学部5年生であり、臨床実習、いわゆるポリクリの後半戦です。ペーパーで勉強するだけでは分からない臨床所見を診たり、実際に患者さんとコミュニケーションを交わしたり、実際のオペや検査に立ち会うことができ、自分がようやく医者に近付いているんだな、と実感する毎日を過ごしてい...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事