m3.com トップ>医療維新>医師調査|2018年の...>勤務医「給料下がり仕事増えた」、悪かったこと2018◆Vol.5

勤務医「給料下がり仕事増えた」、悪かったこと2018◆Vol.5

開業医は「2度目の個別指導」、不正入試問題を挙げる声も多数

2018年12月29日 水谷悠(m3.com編集部)


Q:2018年に身の回りで起こった医療関連の出来事で、悪かったことをできるだけ具体的に教えてください。【勤務医】私立医学部の不正入試問題。私立の補助金無くしたらどうですか。【55歳男性】※この他にも医学部不正入試関連は非常に多かった。時間外労働の制限から医師が外されそうなこと。【40歳男性】ちょっとしたことで患者さんの家族が「訴える」と喧嘩腰になる。【55歳男性】多くの患者を救命できなかったこと。【61歳男性】がん免疫療法のコストのあまりの高さ。【60歳男性】介護療養病床がなくなったこと。【65...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

前の記事 次の記事