m3.com トップ>医療維新>レポート>地域別診療報酬の検討、奈良県が事実上凍結

地域別診療報酬の検討、奈良県が事実上凍結

県医師会と荒井知事が「政策協定」を締結、関係改善進む

2018年12月25日 橋本佳子(m3.com編集長)


奈良県医師会と、奈良県知事で2019年4月の知事選挙での4選を目指す荒井正吾氏は12月21日、「地域の医療費に特異な増嵩が生じない限り、本県で地域別診療報酬を下げることはない旨、確認する」との内容を盛り込んだ、5項目から成る政策協定を締結した。奈良県では3月末に、荒井氏が地域別診療報酬の検討を打ち出して以来、全国的に注目されていたが、この検討が事実上、凍結したと言える。県医師会長の広岡孝雄氏は翌12月22日に開催された、県下の地区医師会長が集まる奈良県地区会長協議会で、政策協定を締結したことを説...

この記事は会員限定コンテンツです。
ログイン、または会員登録いただくと、続きがご覧になれます。

インデックス(一覧

既卒合格率56.8%、100%は2校、2019年医師国試 2019/3/20

ロボット支援手術、多いほど消費税補填不足が大 2019/3/20

赤ひげ大賞受賞は「今後も頑張れという意味」 2019/3/18

「医師法21条の解釈、従前と変わらず」医療法務研究協会懇談会 2019/3/14

訪日外国人の診療価格「一般的ケースは1.3倍」 2019/3/12

日医「技術進化でオンライン診療は対面診療に近づく」 2019/3/4

12の国立大学病院で消費税補填不足と試算 2019/3/2

東京五輪・パラ、競技会場敷地内は全面禁煙 2019/3/1

ワクチン納品遅れを把握する仕組みを6月にも稼働へ 2019/2/28

インフル治癒や陰性の証明「ナンセンス」 2019/2/28

「二次医療圏の考え方を整理しないと」四病協 2019/2/27

厚労省、公開会議は原則「ペーパーレス化」 2019/2/27

「進捗は工程表通り」オンライン資格確認など2020年度本格稼働 2019/2/27

医師法21条通知、佐々木厚労省医事課長が解説 2019/2/25

「得点調整根絶へ」、東京医大受験料返還訴訟で初弁論(2019/2/25訂正) 2019/2/22

「マイナンバーで保険証」報道は事実誤認、日医 2019/2/21

「死体外表に異常所見なし」でも警察への届け出対象 2019/2/21

妊産婦の保健・医療体制に対する検討会が発足 2019/2/18

専攻医の基本給、都内の平均は37万5722円 2019/2/16

問診や在宅医療にAIを、厚労省が提案 2019/2/15